これからの組織は情報共有がキーポイントになります。

電子的な情報のなかった時代は多く知っている者が勝ち残ることもありました。
情報があふれている現在では確かな情報を選別できる能力が重要になります。

そのためには現場の情報をいかにして早く広めるかが組織の明暗に関わることになります。

今までのように上司がすべての情報を集約し、組織内の部下に共有するやり方ではタイムラグが生じます。

その問題を解決できるのがグループウェアです。


情報を知り得た者が掲示板機能やインスタントメッセージ機能を使ってすぐにアップすることで、瞬時に有効な情報を共有することができます。


あとは組織全員で補足修正を繰り返すことで真に必要な情報になっていきます。


そのような共同作業もグループウェアを使う目的の一つです。

今やひとりの人間が資料を用意してそれから配布などという時間をかける作業は効率的ではありません。まずは全員で共有し、それを全員で確かなものにしていく。

出来上がったものはファイル共有機能で保管管理しておけば、新人研修の資料としても利用可能です。

教えて!gooの情報を調べてみましょう。

情報の独り占めをして出世する時代ではありません。



スピード情報社会では少しでも早く顧客に答えることができることがアドバンテージになります。



まずは、なんかしらの情報を持っていることが示せるということが重要です。


一般のインターネットで流通する不確定な情報ではなく、現場で見つけたリアルな情報の共有を可能にするのがグループウェアです。