グループウェアという言葉も、以前比べればビジネスシーンで当たり前のように使われるようになってきました。

しかし、大企業ではスケジュール管理や社内情報共有、ワークフローなどで大活躍しているグループウェアも、中小企業では導入していないどころか考えてもいない、と言ったところさえよく聞きます。


しかし実は、グループウェアの導入は中小企業にとってもかなり多くのメリットがあるのです。

小規模であるがゆえにこういったソフトウェアにより業務の効率化や共有による知識の有効活用が推進される、ということもあります。
それでは、どういったソフトウェア、機能が中小企業向きと言えるのでしょうか。

まず選択するソフトウェアとしては、もちろんコンパクトなコストのものが良いと言えるでしょう。



組織が小さいうちは管理コストに大きな金額は注力できないもの。また、組織もこれから変革していくことが考えられるので、機能を取捨選択することでその時必要な機能だけを選びその分のコストだけを必要とするソフトウェアが良いといえるでしょう。組織が大きくなるにつれ機能追加を後からできるかどうかも重要なポイントです。

また、小さい組織では一人一人の役割が多岐にわたり、外に出られる方も多くなりがちですので、モバイルに対応していることは必須と言えるでしょう。

All Aboutについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

また、組織の変革に合わせて柔軟な組織設定ができるようになっていることもチェックしておきたいところです。

これらに注意して適切なグループウェアを導入すれば、小規模企業の良いところをさらに伸ばす情報共有が可能になることは間違いないと言えるでしょう。