最近は情報漏洩などの問題が即、会社の危機につながる大問題になることもあります。

どれだけ注意していいてもうっかりしたミスで漏洩につながる恐れがあります。

だからと言って情報を交換しないわけにはいかないのでなんらかの対策が必要です。

限られた関係者だけがやり取りできれば漏洩のリスクは減らすことができます。

それがグループウェアの利点の一つです。
グループウェアは、名前のとおりグループで使うソフトウェアです。

不特定多数が接続できるような一般的なコミュニケーションツールではないため限定した者しか接続しません。

グループウェアの最新情報をご提供します。

ファイルの交換や共有、チャットやインスタントメッセージングなど使用することで業務効率が上がると思われるツールはたくさんありますが、一般的に誰でも使っているようなシステムではいつ情報が漏れるかわかったものではありません。



完全にグループのみに限定して接続するグループウェアは、閉鎖空間であるため、情報の行き来は内部関係者だけになります。

教えて!gooをご紹介します。

社外秘のデータもWeb会議システム上であれば閲覧のみにすることができます。だから資料がデータとして外部に保管されることがありません。


そのWeb会議に参加しているものだけが見ることが可能です。

会議終了後にも残ることはないため機密性は保たれます。
グループウェア自体のセキュリティーなどある程度の注意は必要になりますが、気兼ねなく使うことができるコミュニケーションツールとしてグループウェアは有効です。