社内の会議室や社用車、デモンストレーション用の資材など組織で共有するものがある場合、管理の仕方は悩みの種です。

帳簿を使った管理では視覚的な確認が難しくて使用ができず、業務の効率を低下させます。

特に顧客に関わるような資材の管理は、いつでもすぐにわからないと失注につながることにもなりかねません。要望にそった日程調整を瞬時にできることで顧客の興味を失うようなことがありません。



だからと言って資材などの管理だけに担当者をつけるのでは非効率だとしか言いようがありません。

そんな時はグループウェアで管理することが最も賢い方法です。

グループウェアを使えば、誰がいつまで使用しているのかを視覚的に確認することもできますし、その場で空いてる時間を直接予約することも可能です。なにしろ空いてるのか空いていないのかを簡単に見ることができます。


もし資材が貸し出し中でなるべく早めに返して欲しい時は、インスタントメッセージ機能でその旨を連絡しておけば確実に相手に状況を伝えることができます。

NAVERまとめを検索してみてください。

既読の確認によって状況を把握してくれてくれたかも確認することできるので、伝わったかどうかと心配する必要もありません。

グループのスケジュール共有もできるため協力したり、譲り合って効率よく調整することも可能です。


同じ地域で活動するのであればその場で譲り合うことができれば一番効率の良いやり方です。

グループウェアによってスケジュール管理と地域管理で最短時間での資材の受け渡しも可能になります。

明日に役立つグループウェアってとにかくお勧めなんです。